漆器や漆工芸の材料、手鏡や衝立の小売販売から漆塗り、金継ぎまで、漆を幅広く取り扱う専門店。伝統的で高品質な本物のうるしをお届けします。

うるし工房 ギャラリー日専 岡山

HOME
記事のサイトマップ

 このブログに来ていただいた親愛なる皆さまへ。メニューのご案内をさせていただきます。

 『漆オンラインショップ ギャラリー日専』にて、漆工芸品をネットでご注文していただけるようになりました。

≫ EDIT

日専ギャラリーのご案内

tensu.jpg

biはじめまして『うるし工房 ギャラリー日専』と申します。

当ギャラリーでは、
創業以来、原料うるし液、漆器や漆工芸材料などの小売販売から、
漆塗り仕上げ・加工・修理までを幅広く取り扱う専門店として、
漆が持つ素晴らしさを追求して参りました。
伝統的で高品質な本物の美術工芸品だけを、
新しく、そして豊かに暮らしにご提案したいと考えております。
オリジナル漆工芸品をはじめ、
漆工芸に必要な材料を豊富に取り揃えております。
ご質問やご相談等がごさいましたら、
何でもお気軽にご連絡・ご用命下さいませ。


fuukei.jpg

記念品・贈答品

店内1
⇒ご購入はオンラインショップで~!

木彫り用木地

店内2
⇒趣味の木彫り愛好家の人達用の木彫り材料あります。

うるし塗り材料

店内3
⇒趣味の漆塗りに必要な原料うるし液など漆工芸材料を多数取り揃えています。

annai.jpg

 営業時間   AM10:00~PM5:00

 定休日    日曜日・祝祭日

 所在地    〒700-0973 岡山県岡山市北区下中野352-104

 連絡先    TEL:086-245-2933

 販売者業者名 うるし工房 ギャラリー日専

 代表者    難波 圓一(なんば えんいち)


acc.jpg

 お車でお越しの場合
  ・岡山駅方面から 約15分
  ・倉敷方面から  約30分

 電車でお越しの場合
  ・JR大元駅より  徒歩 約20分

 バスでお越しの場合(岡山駅より20分程度)
  ・岡電バス 汗入・妹尾・早島線、又は火の見行き「下中野北」停留所下車徒歩約5分
  ・下電バス 興除線 「下中野北」停留所下車徒歩約5分

  所在地 〒700-0973 岡山県岡山市北区下中野352-104


  
大きな地図で見る

| ギャラリーのご案内 | 22:59 |

≫ EDIT

漆塗りのスプーン立てが完成しました。

弊社は、うるし工房で漆器の製造販売をしています。
製品は、主に記念品、内祝いの品などに買っていただいています。
しかし、お客様の依頼で、漆塗りのみを承ることもあります。
この度、岡山の木彫り愛好家のお客様から、スプーン立ての漆塗りを依頼されました。
可愛いスプーン立てが完成したのでここで紹介させていただきます。

web2000_0101_17004スプーン立て白木地
木彫りを始める前のスプーン立ての白木地です。

この木地に木彫り用の図案を描いて、木彫りを楽しんで、
漆塗り仕上げをして、楽しむわけです。

webスプーン立て
趣味の木彫りが完成したスプーン立てです。

この状態から、漆塗りに入ります。
漆塗りに入って、完成までにはおよそ三か月ほどかかります。
次に写真で紹介させていただいているのは、中塗りと言って、
漆塗りの完成までの中間時点の状態です。

webスプーン立て中塗り
うるしぬりの中塗りと言って、完成までの途中です。

そして、その後うるしを何回か塗り重ねて、色付け、艶上げをして完成となります。

webスプーン立て (3)完成品
うるし塗りが完成したスプーン立て

参考までに、既に完成したスプーン立ての使用例を紹介させていただきました。

webスプーン立て (3)
既に完成したスプーン立ての使用例です。

スプーン立てと言っても、必ずしもスプーン立てとしてだけで使用する必要もありません。
コーヒーと飲むときの、砂糖と粉ミルクを入れる容器としても使用できます。

webスプーン立て (2)
コーヒーを飲むときの、砂糖・粉ミルクの容器としても使用できます。

このように、色々な使い方がありますので、
皆さん、自分の好みに合わせて使っていただけると良いですね。
木彫りを楽しんで、最後に出来上がった作品はとても愛着があって良いですね。
ありがとうございました。

うるし工房 ギャラリー日専 店主 wrote

▶うるし塗り木彫り作品のご紹介◀

手鏡(大)木彫菊彫り

web手鏡大菊彫り2016_0302_140653-CIMG0800
この手鏡はオンラインショップで購入可能です

web大名盆19_1_21[1]
漆工芸に、木彫りに、豪華な大名盆の白木地⇒オンラインショップで販売しています。

webヤゲン20_1_26[1]
漆芸に、また、あらゆる工芸に貴重な薬研(ヤゲン)⇒オンラインショップで販売しています。

記事1  記事2

| 今週のうるし工房 | 16:46 |

≫ EDIT

力強い春の兆しを受けます~!

最近は、健康のためにウオーキングをよくするようになりました。
しかし、ウオーキングと言っても、ただ、黙々と歩くだけでは精神的に疲れますので、
眼の保養にと、付近の景色を見ながら歩くことが多くなりました。
その日によって、色々な物が目に付くのが楽しいですね。
この度は、春をつげるかのような、土筆(ツクシ)の芽吹きにであえて、とてもすがすがしく感じました。

webツクシの環境31-03-21
ウオーキングの途中の景色、この中に春の兆しを告げる生命力があります。

小さいけれど、土筆(ツクシ)の芽吹きには、生命力を感じますね。

webツクシ:31-03-13 (3)
春を告げるかのように、土筆(ツクシ)が芽吹いています。

ツクシは、少しだけかと思うと、さにあらず、たくさんのツクシが育っていました。

webツクシ:31-03-13 (4)
あたりには、たくさんのツクシの群れがありました。

余りにも多いので、土筆を摘んで帰って、佃煮か天ぷらにして食べようと、思いつきました。
ウオーキングから、自宅へ帰ってみると、沢山のツクシが採れていました。

webツクシの採りたて:31-03-14
思っていたよりもたくさんのツクシが摘めましたね。

早速、女房に調理してもらい、
夕食の晩酌の付きだしにすると、さぞかし美味しいだろう~! 等と、考えました。

webツクシの天ぷら31-03-14
新鮮なツクシ、シイタケと菜の花の天ぷら

本日は、ウオーキングのお陰で、新鮮な春を告げる酒の肴にありつけて、とても喜んでいます。
ご馳走様でした。

うるし工房 ギャラリー日専 店主 wrote

▶うるし塗り木彫り作品のご紹介◀

手鏡(大)木彫菊彫り

web手鏡大菊彫り2016_0302_140653-CIMG0800
この手鏡はオンラインショップで購入可能です

web大名盆19_1_21[1]
漆工芸に、木彫りに、豪華な大名盆の白木地⇒オンラインショップで販売しています。

webヤゲン20_1_26[1]
漆芸に、また、あらゆる工芸に貴重な薬研(ヤゲン)⇒オンラインショップで販売しています。

記事1  記事2

| 今週のうるし工房 | 13:43 |

≫ EDIT

漆塗りの小箱が出来上がりました。

弊社は、漆工芸専門店で、うるし塗製品の製造販売をしています。
岡山では、なぜか趣味で木彫りを楽しんだり、また、趣味で漆塗りをする人が大勢いらっしゃいます。
そこで、弊社では、木彫り材料や、彫刻刀、漆塗りの材料(漆工材料)なども、販売しています。
また、お客様の依頼で、漆塗りのみを承ることもあります。
この度、趣味の木彫り愛好家の人から、小箱の漆塗りを依頼されました。
お客様は、趣味とはいえ、木彫りを上手にされていますので、ここで紹介させていただきました。

web小箱:桜
趣味の木彫り愛好家のお客様の彫った小箱、飾り箱です。

錐の箱ですが、木彫りが丁寧になされていますね。

web小箱:サクラ
木彫りが丁寧に仕上がった小箱

弊社では、漆塗りを依頼されましたが、
漆塗りは、完成までに 2~3カ月かかります。
それまでお客様には、出来上がるのを楽しみに待っていただく事になります。

web小箱の中塗り
漆塗りの完成までの途中の段階です(一般的に専門語で中塗りの段階と言います)

漆塗りは、完成までに数十回の塗り重ねなどの工程を踏まなければ製品になりません。
職人さんは、一生懸命に頑張って漆塗りをします。
そして、最後に完成した状態が、下記の写真の様子です。

web小箱:桜、糸島教室 (3)
うるし塗りが完成した状態です。

web小箱:桜、糸島教室 (4)
かわいい桜の花をあしらった小箱が完成しました。

お客様は、この小箱は、飾り箱として、使用されるようです。
大切な合いかぎなどを入れて、保管するそうです。
お客様、木彫りの努力の甲斐あって、良い箱が出来てよかったですね。

うるし工房 ギャラリー日専 店主 wrote

▶うるし塗り木彫り作品のご紹介◀

手鏡(大)木彫菊彫り

web手鏡大菊彫り2016_0302_140653-CIMG0800
この手鏡はオンラインショップで購入可能です

web大名盆19_1_21[1]
漆工芸に、木彫りに、豪華な大名盆の白木地⇒オンラインショップで販売しています。

webヤゲン20_1_26[1]
漆芸に、また、あらゆる工芸に貴重な薬研(ヤゲン)⇒オンラインショップで販売しています。

記事1  記事2

| 今週のうるし工房 | 16:16 |

≫ EDIT

源氏物語の世界をを通して、日本の文化の魅力を学ぶイベント

源氏物語の世界を通して、日本の文化の魅力と楽しさを学ぶイベントがありました。
今から、千年も前の社会状況とは思えない程立派な事を色々と学べました。

web後楽園能舞台の建物 (1)
イベント会場の能舞台のある建物。

会場では、十二単の着付けのショウ―が既に始まっていました。

web十二重 (01)
十二単の着付けショウ―の始まり

十二枚の着付けをするのに、着物を止める紐が12本必要かと思たら、ビックリでした。
着付けは、2本の紐で、交互に着付けて、
最後は、紐なしで~着物を着崩れないように固定するとの事にはビックリしました。

web十二重 (02)
12枚の着物を順番に着飾っていきます。

12枚の着物も重さは、なんと20kgにもなるとの事には、またビックリしました。
昔のお姫様は、お元気でしたのですね。

web十二重 (04)
12枚の着物を全部、着付け終わりました。

最後は、お姫様が、お顔を隠して歩く様子も、説明していただき、
日本人の、おしとやかで控えめな奥ゆかしさを、改めて感心した次第です。

web十二重 (06)
お姫様は、いたずらに、お顔をお見せにならないのが奥ゆかしくていいですね。

日本では、 お雛様を飾って女の子の無事を祈る習慣がありましたが、
そのおひな様も、綺麗な十二単の着物を着ていますね。

web十二単のおひな様
平安時代の貴族の生活ぶりの一部を表現した模型です。

web十二単の着物、
着物の十二単は、色々な色で組み合わされています。

web十二単着付けと着物
身分地位も着物の色によって、使い分けられていたとの事です。

1000年前の、当時でも、十二単を着る事が出来る人は、
高貴な身分で優雅な人に限られていたとの事です。
高価な絹の衣装だから、庶民では手に入らないでしょうね。
本日は、十二単の衣着付けショウーを通して、
色々と日本文化の魅力を勉強できて、とてもうれしく思っています。
ありがとうございました。

うるし工房 ギャラリー日専 店主 wrote

▶うるし塗り木彫り作品のご紹介◀

手鏡(大)木彫菊彫り

web手鏡大菊彫り2016_0302_140653-CIMG0800
この手鏡はオンラインショップで購入可能です

web大名盆19_1_21[1]
漆工芸に、木彫りに、豪華な大名盆の白木地⇒オンラインショップで販売しています。

webヤゲン20_1_26[1]
漆芸に、また、あらゆる工芸に貴重な薬研(ヤゲン)⇒オンラインショップで販売しています。

記事1  記事2

| 今週のうるし工房 | 15:09 |

| PAGE-SELECT | NEXT