漆器や漆工芸の材料、手鏡や衝立の小売販売から漆塗り、金継ぎまで、漆を幅広く取り扱う専門店。伝統的で高品質な本物のうるしをお届けします。

うるし工房 ギャラリー日専 岡山

HOME
記事のサイトマップ

 このブログに来ていただいた親愛なる皆さまへ。メニューのご案内をさせていただきます。

 『漆オンラインショップ ギャラリー日専』にて、漆工芸品をネットでご注文していただけるようになりました。

≫ EDIT

日専ギャラリーのご案内

tensu.jpg

biはじめまして『うるし工房 ギャラリー日専』と申します。

当ギャラリーでは、
創業以来、原料うるし液、漆器や漆工芸材料などの小売販売から、
漆塗り仕上げ・加工・修理までを幅広く取り扱う専門店として、
漆が持つ素晴らしさを追求して参りました。
伝統的で高品質な本物の美術工芸品だけを、
新しく、そして豊かに暮らしにご提案したいと考えております。
オリジナル漆工芸品をはじめ、
漆工芸に必要な材料を豊富に取り揃えております。
ご質問やご相談等がごさいましたら、
何でもお気軽にご連絡・ご用命下さいませ。


fuukei.jpg

店内1店内3


annai.jpg

 営業時間   AM10:00~PM5:00

 定休日    日曜日・祝祭日

 所在地    〒700-0973 岡山県岡山市北区下中野352-104

 連絡先    TEL:086-245-2933

 販売者業者名 うるし工房 ギャラリー日専

 代表者    難波 圓一(なんば えんいち)


acc.jpg

 お車でお越しの場合
  ・岡山駅方面から 約15分
  ・倉敷方面から  約30分

 電車でお越しの場合
  ・JR大元駅より  徒歩 約20分

 バスでお越しの場合(岡山駅より20分程度)
  ・岡電バス 汗入・妹尾・早島線、又は火の見行き「下中野北」停留所下車徒歩約5分
  ・下電バス 興除線 「下中野北」停留所下車徒歩約5分

  所在地 〒700-0973 岡山県岡山市北区下中野352-104


  
大きな地図で見る

| ギャラリーのご案内 | 22:59 |

≫ EDIT

木製の木彫りハンドバックが完成しました。

木彫り愛好家のお客様から、漆塗りの依頼がありました。
このお客様は、公民館で木彫りを習っていらっしゃるそうです。
この度、木製のハンドバックを趣味で木彫りしたので、漆を塗って欲しいとの事です。
弊社は、漆塗りの製品である、漆器を販売していますが、
お客様の依頼で、漆塗りを承る事もあります。
今回漆塗りを依頼された木彫り作品は、面白滑稽なので、ここで紹介させていただきました。

web2016_1006_164015-CIMG1479.jpg
木彫りが完成して、うるし塗りに入る前の状態

web2016_1006_164025-CIMG1480.jpg
子供が喜ぶような、漫画絵が木彫されています。

漆塗りは、完成までに数十回繰り返し漆塗りをしますが、
下記の写真は、中塗りと言って、中間時点の状態です。

web 中塗りのハンドバック2016_1022_080343-CIMG1505
絵付けをする前の中塗りの状態です。

そして、色付けをして、艶だしの漆を塗って最終的に完成です。

web 完成のハンドバックのマンガ-CIMG1569
漆塗りが完成した状態です。

web完成品2016_1108_155514-CIMG1570
ハンドバックの内側には、布を貼って使い良くしました。

木彫り愛好家のお客様、この度は、木製の良いハンドバックが完成して、良かったですね。
ありがとうございました。

うるし工房 ギャラリー日専 店主 wrote

▶うるし塗り木彫り作品のご紹介◀

手鏡(大)木彫菊彫り

web手鏡大菊彫り2016_0302_140653-CIMG0800
この手鏡はオンラインショップで購入可能です

web大名盆19_1_21[1]
漆工芸に、木彫りに、豪華な大名盆の白木地⇒オンラインショップで販売しています。

webヤゲン20_1_26[1]
漆芸に、また、あらゆる工芸に貴重な薬研(ヤゲン)⇒オンラインショップで販売しています。

記事1  記事2

| 今週のうるし工房 | 09:36 |

≫ EDIT

大切なコーヒーカップが壊れました。

弊社は、漆器および、うるしの原液などの漆工材料を販売しています。
しかし、お客様からの依頼で、コーヒーカップの修理などを行うこともあります。
この度、お客様から大切なコーヒーカップの修理を依頼されました。
お客様は、大切な人から頂いた記念の品なので、
修理費がいかに高くても、直して使いたいとの事でした。

web欠けあり2016_1210_133755-CIMG1623
取ってが欠けて壊れています。

web欠けあり2016_1210_133808-CIMG1624
コーヒーカップの取っての欠けと、ひび割れが見えます。

このカップをお預かりして、うるしで修理しました。
金継ぎという昔からの修理方法で直しました。
欠けた所、割れ目に漆を入れて、最後に金蒔絵を施して完了です。

web金継ぎ完了2017_0115_154643-CIMG1703
最終的に金継ぎが完了した状態です。

web金継ぎ完了2017_0115_154604-CIMG1701
金蒔絵を施すと、壊れていても見栄えが良いですね。

このコーヒーカップを使用のお客様、以後は、気をつけて大事に使用してください。
ありがとうございました。

うるし工房 ギャラリー日専 店主 wrote

▶うるし塗り木彫り作品のご紹介◀

手鏡(大)木彫菊彫り

web手鏡大菊彫り2016_0302_140653-CIMG0800
この手鏡はオンラインショップで購入可能です

web大名盆19_1_21[1]
漆工芸に、木彫りに、豪華な大名盆の白木地⇒オンラインショップで販売しています。

webヤゲン20_1_26[1]
漆芸に、また、あらゆる工芸に貴重な薬研(ヤゲン)⇒オンラインショップで販売しています。

記事1  記事2

| 今週のうるし工房 | 11:03 |

≫ EDIT

30周年記念の記念品の制作を依頼されました。

幼児音楽協会という団体の、30周年記念の記念品の制作を依頼されました。
枚数は、30枚です。
漆塗りは、時間がかかるために、その理由を説明して納期を十分に頂きました。
お客様は、漆器の愛好家で、記念品は漆塗りの豪華な品をお望みの様子でした。
その記念品は、漆塗りのお盆にするとのことで、
素晴らしいデザインの図案を持って来られました。

web倉敷幼児音楽協会:お盆図案1
お客様の制作した記念品のデザイン

このデザインで、お盆を制作します。

web白木地2016_1030_083048-CIMG1508
うるし塗りをする前のお盆の白木地

このお盆に、うるしを数十回塗って、中塗りを完成させました。

web無地仕上げ2016_1030_083110-CIMG1509
お盆の完成までの途中の段階です。

このお盆に、男の子と女の子の金蒔絵を施します。

web人形さんのみ2016_1212_074904-CIMG1629
男の子と女の子の金蒔絵が完成しました。

この後、お客様依頼の文字をお盆の上に描きます。

web人形さんと文字のみ2016_1201_074700-CIMG1607
お盆に文字が入りました。

そして、最後に虹を描きます。

web箱入りの完成品2016_1205_113237-CIMG1618
虹が入りました。

そして、最後に記念品のお盆の裏面に、金文字を入れます。

web裏面の記念の金文字2016_1030_083203-CIMG1510
お盆の裏面に金文字をいれました。

webCIMG1746.jpg
熨斗を付けて箱詰めしました。

webCIMG1748.jpg
記念品を包装して完成です。

これで、やっと完成になりました。
この記念品制作に関しては、デザインの細かい部分でお客様の要望もありましたので、
制作の途中に、色々苦労もありましたが、お陰さまで何とか完成させる事が出来ました。
ご注文ありがとうございました。

うるし工房 ギャラリー日専 店主 wrote

▶うるし塗り木彫り作品のご紹介◀

手鏡(大)木彫菊彫り

web手鏡大菊彫り2016_0302_140653-CIMG0800
この手鏡はオンラインショップで購入可能です

web大名盆19_1_21[1]
漆工芸に、木彫りに、豪華な大名盆の白木地⇒オンラインショップで販売しています。

webヤゲン20_1_26[1]
漆芸に、また、あらゆる工芸に貴重な薬研(ヤゲン)⇒オンラインショップで販売しています。

記事1  記事2

| 今週のうるし工房 | 15:20 |

≫ EDIT

お花好きのお客様

うるし工房の弊社は、
うるし塗りの製品である漆器を販売する事がメインですが、
漆器を制作するための材料も販売しています。
例えば、木彫り用の白木地、彫刻刀、原料漆液、漆工材料などです。
また、お客様の依頼で、うるし塗りを承る事もあります。
この度、木彫り愛好家のお客様から、くず入れの漆塗りを依頼されました。
この作品は、公民館の文化祭に出品する予定の作品なので、
特に目立つように綺麗に塗って下さいとの事でした。

web2016_1006_115620-CIMG1475.jpg
木彫りが完成した屑入

さすが、趣味の木彫りといえども、丁寧に木彫りがなされていますね。

web2016_1006_115631-CIMG1476.jpg
丁寧に木彫りをされています。

うるしぬりですが、塗り始めて完成までには、
数十回塗りをしなければ完成しませんが、
下記の写真は、中塗りと言って漆を十回位塗った所です。

web2016_1022_080054-CIMG1502.jpg
うるし塗りが、完成までの途中の段階です。

そして、中塗りが終わって上塗りに入り、最後に蒔絵をして完成となります。

web2015_1103_124346-CIMG1531.jpg
うるし塗りが完成した状態です。

web屑入れ:カニ葉サボテン
細かい所まで、木彫りがされている事が良く解りますね。

このお客様は、公民館の文化祭で、
自分の作品がひときわ目立ったと言って、喜んで下さいました。
お客様、自分の好きな木彫りを一生懸命されて、
文化祭で、人様に観て戴いて、褒めて戴いて良かったですね。
ありがとうございました。

うるし工房 ギャラリー日専 店主 wrote

▶うるし塗り木彫り作品のご紹介◀

手鏡(大)木彫菊彫り

web手鏡大菊彫り2016_0302_140653-CIMG0800
この手鏡はオンラインショップで購入可能です

web大名盆19_1_21[1]
漆工芸に、木彫りに、豪華な大名盆の白木地⇒オンラインショップで販売しています。

webヤゲン20_1_26[1]
漆芸に、また、あらゆる工芸に貴重な薬研(ヤゲン)⇒オンラインショップで販売しています。

記事1  記事2

| 今週のうるし工房 | 14:10 |

| PAGE-SELECT | NEXT

無料アクセス解析